チャージコントロール回線搭載のいつでも電機が使える安心感の予備電源装置(バッテリー・充電)です。

20120330 

電力は自己で確保!ジェネピットSPJ-500/SPJ-500solarは新開発チャージコントロール回線搭載の予備電源装置です。ソーラーパネル付きなら太陽光発電充電でエコ節電

ソーラーパネルで発電・kateiのコンセントで充電・車のバッテリーから給電の3way方式

  • 小型高性能で、手軽に持ち出し可能!
  • 500Wまでの出力が可能!
  • 3通りの方法で、いつでも電気が使える安心感

ジェネピットの価格についてはデーターランドまでお問合せ下さい

SPJ-500solar(型番ST-S1050S)

SPJ-500(型番ST-S1049S)

ジェネピットの特徴と各部仕様

  • ソーラーパネル発電、家庭用コンセント充電、自動車12Vバッテリー供給の3WAY方式。
  • ソーラーパネル発電で、約7〜8時間。
  • ACアダプター充電では、約3.5時間でMAX充電が可能。
  • 高性能インバーター回路により、充電コントロール機能やAC出力など、安定した電源制御が可能。
  • ACアダプターで充電をしながら、電源を使用することが可能。
  • 蓄電の残量が人目でわかるインジゲータ、非常用ライト付。
  • 別途、充電済み自動車12Vバッテリーがあれば、内蔵バッテリーの容量が無くなってもワニクリップを繋るだけで、AC100V電源として使用可能。

販売代理店:有限会社データーランド 開発元:シーズンテック

有限会社データーランド